島大会員について

島大会員は、島根大学支援基金を通じて本学を応援してくださる皆様と絆を深めていくことを目的として、平成29年10月から「島大会員」を発足いたしました。
会員の皆様には、本学から会員証を発行し、本学の活動等に係る情報発信、会員相互お及び本学と会員とのよりよい関係を築くための交流企画の他、寄附金額に応じた特典をご用意させていただきます。
次世代を担う本学学生を育てるために、皆様のご加入をよろしくお願い申し上げます。

加入方法

島根大学支援基金へ一定額(5,000円)以上ご寄附いただいたことのある方はどなたでもご加入(永年会員)いただけます。支援基金寄附書等の島大会員入会希望欄にチェックし加入申込みをしてください。受付後、会員証をご送付いたします。

会員特典

島大会員には、年間(1月~12月)寄附累計額により、島大オリジナルグッズ等を贈呈します。 
※広報誌(広報しまだい)の贈呈は学外者のみ。 
※島大会員への郵送によるイベントのご案内及び広報誌(広報しまだい)送付期間については、寄附をいただいた年の翌年までとし、翌年にも継続的に寄附があった場合は、更にその翌年にも送付します。
 なお、寄附がなかった年の翌年にはイベントのご案内は送付しませんが、ホームページ等でイベント情報を入手することによりイベントにご参加いただくことが可能です。

 

ご寄附額

 

イベントのご案内
広報誌送付
1年間)

 

島大カレンダー
4月始まり)

 

島大オリジナルグッズ

 5千円~1万円未満

 1万円~3万円未満

 3万円~5万円未満

下記グッズAより1点贈呈。

 5万円~10万円未満

下記グッズAより2点贈呈。

 10万円~20万円未満

下記グッズAより3点贈呈。

 20万円~30万円未満

下記グッズAより4点贈呈。

 30万円 ~50万円未満

下記グッズA・Bより5点贈呈。
※ただし、5点のうちBからは1点のみ。

 50万円〜

下記グッズA・Bより6点贈呈。
※ただし、6点のうちBからは2点のみ。

 島大オリジナルグッズ一覧(平成30年1月〜12月) 
※★印は本学名を名入れ。

A

出雲ブランド
刺繍タオル★

タオル.jpg
◎サイズ:330×830mm
◎素材:綿100%

②真空ステンレス
タンブラー
(2個セット)
2.jpg
◎2個セット ◎350ml
◎サイズФ8.2×9.3cm

③軽量自動開閉
ミニ傘
(紺色)
3.jpg
◎55cm×8本骨
◎重量:340g

⑤大学番茶
5.jpg
◎本庄総合農場製
◎500g
⑥島大農場ジャム
(3本セット)
6.JPG
◎いちご・りんご・ブルーベリーの3本セット
◎本庄総合農場製
◎190g×3本

④軽量自動開閉
ミニ傘
(ピンク色)
4.jpg
◎55cm×8本骨
◎重量:340g

A B
出雲おろち大根
みぞれソース

7.JPG
◎島根大学育成「出雲オロチ大根」を使用した万能ドレッシング。
◎200mm×2本
◎出雲市・山太販売
島根大学の芋焼酎
「神在の里」

8.jpg
◎神西砂丘農場産サツマイモ使用
◎720ml
しまね大学が作った
トマトジュース

9.JPG
◎720ml×1本
◎大学農場産トマトを食塩不使用のジュースに加工

①ボールペン
B1.jpg
◎クロス製
◎サイズФ13.5×144mm

大学農場産トマト使用
トマトジュース
(30本)
B2.JPG
◎160g×30本セット
◎本庄総合農場製・食品添加物不使用・食塩使用

QA

Q1 島大会員になると、会の役員等がまわってくることがありますか?
A1 「島大会員」とは、島根大学支援基金にご寄附いただいた方のうち加入申し込みされた方
   を「島大会員」とお呼びし、本学が会員の皆さまへの情報発信や本学と会員との交流の場
   などを創っていくものです。役員等をお願いすることはございません。

Q2 会員になるとどのような特典(メリット)がありますか?
A2 会員は「会員特典」を受けることができます。

Q3 会員にならない場合の寄附特典はどのようなものがありますか?
A3 会員外の寄附者様への特典は、大学ホームページ等へのご芳名掲載、感謝状の贈呈、銘板
    へのご芳名掲載となります。
   「島大会員制度」は、寄附者様に本学へのご理解を深めていただくために設けたものです
        ので、是非ご加入をお願いいたします。

Q4 会員証は紛失した場合、再発行してもらえますか?
A4 会員証は原則として再発行しませんので、大切に保管してください。

Q5 一回のみの寄附でも、会員期間は永年ですか?
A5 会員資格は永年ですが、「会員特典」の記載のとおり、郵送によるイベントのご案内等は
        ご寄附をいただいた年の翌年までとなります。基金による学生支援には皆さまからの継続
        的なご支援が不可欠ですので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。